園芸

春の寄せ植え。私の花の選び方。

母から玄関に飾る寄せ植えを作ってほしい、というリクエストを受けました。

春は一番お花を楽しめる時期。

その場に一輪花があるだけで、ぱっと空間が華やぎます。

今日はお花を楽しみたいな~、でもどれを選べばいいか分からないな~という方へ向けて、私の花の選び方を紹介します。

今回は30cmほどの円形プランターを使用しました。

今回使用した花

上から時計回りに

○バーベナ(白)

○シロタエギク

○キンギョソウ(ピンク)

○ペチュニア(濃いピンク、薄いピンク)

花を選ぶときのコツ

テーマを決める

寄せ植えを作る時は、まずテーマを決めています。

といっても、そんなに難しく考える必要はなくて、

「黒と白でモノトーン系にしよう」「カラフルな花を集めて華やかにしたい」

のようにざっくりです。

私の今回のテーマは「春っぽいもの」

淡い色でまとめたいな~と思っていました。

テーマを決めてから花を買いに行くときはふんわり完成図をイメージするくらいにしておきます。

花の種類まで細かく決めてしまうと、お目当てのものがなかったときに変更しにくいからです。

完成のイメージをもっていると、まとまりのある寄せ植えを作ることができます。

使う花を決める

テーマが決まったら、実際に花を選んでいきます。

①植物を買う場所

植物を買える場所としては

・ホームセンター

・花屋

・ネット通販

があります。

今回はホームセンターで売っている花を見て、気に入ったものを選びました。

ネット通販もありますが、実際に見て選んだ方が完成をイメージしやすいと思うので、初めは直接買いに行くことをおすすめします。

通販サイトでは、季節の花が一覧になって見られるので、今ってどんな花があるんだろうと思ったときに活用してみてください。

同じ花でも品種が変わると雰囲気が変わるので色々見てみると楽しいですよ。

②使う花の種類

同じ花が並んだ寄せ植えも可愛いですが、せっかくなら色んな花を楽しみたいです。

最初に決めたテーマに沿って花を選んでいきます。

私は、淡いピンクか黄色かなと思っていたのですが、売り場にはピンクの花が多かったので、ピンクをメインに使うことにしました。

まずは1つ使いたい花を決めて、それに合う花を選んでいくと決めやすいです。

今回の場合は、花が次々に咲くペチュニアをまず選びました。

プランターも一緒に買うなら、実際に花の配置を考えながらプランターの中に入れていくとイメージが湧きやすいかもしれません。

今回の私の寄せ植えのポイントは3つ。

・白、淡いピンク、濃いピンクでグラデーション

・大好きなシロタエギク

・キンギョソウで少し高さをつけてみる

自分なりにお気に入りポイントを見つけておくと、愛着もわきやすいです。

ちなみに、ホームセンターでは生育環境が似ているものを並べて販売していることが多いので、育てる環境に合わせて選んでみてください。

【おまけ】長く楽しむために

例えば、野菜を買おうと思ったら、おいしそうなものを選びますよね。

それと同じで花にも良し悪しがあったりします。

出来るなら健康な苗(=良い苗)を選びたいですよね。

健康な苗かどうかを判断するポイントは3つ。

・花色がはっきりしている

・葉色が濃く、密についている。大きさもそろっている

・株元はぐらぐらせずがっしりとしているもの

花売り場へ寄ることがあれば、ぜひ花同士を比べてみてください。

終わりに

以上、花の選び方でした。

花を選べたらあとは、植えるだけ。

【H30.4.26撮影 こんなに大きくなりました】

寄せ植えを作るときの花の選び方をまとめてみます。

寄せ植え作りの花の選び方まとめ

・テーマを決める

・テーマに沿って使う花を選ぶ

(ホームセンターで買うとイメージが湧きやすい)

・長く楽しむなら健康な苗を見極めよう

春は一番花の種類が多いので、ぜひぜひ生活に取り入れてみてください。

nono

あわせて読みたい
【植物を枯らしてしまうあなたへ】植物を育てる時に知っていてほしい3つのこと皆さんは、お家でお花を育てたことがありますか? 可愛らしいお花が咲いていると、それだけでうれしくなってしまいますよね。 けれど、毎日...