思うこと

自己肯定感の高い私が私を好きでいるために心掛けていること

こんにちは、nono(@nn00km)です。

突然ですが、私は私のことがとっても好き。

憧れる人もたくさんいるし、やっちゃったなーと落ち込んでしまうこともあるけれど、私であることをイヤだとは思いません。

毎日とっても幸せで、満たされています。

私は、とっても自己肯定感の高い人間なのです。

「どうやったら高くなるんだろう?」と思う方へ向けて、私が私を好きでいるために心掛けていることをお伝えします。

自分を褒めてくれる人の傍にいる

自分を好きでいるためには、自分を好きでいられる理由が必要です。

理由を見つけるために簡単な方法は、自分を褒めてくれる人と一緒にいること

褒めてくれる人は、あなたの長所を教えてくれる人だからです。

自分で自分のことを見つめなおそうとすると、つい嫌なところが気になってしまいます。

それが続くと、好きになるどころかイヤになってしまいますよね。

褒め言葉をたくさん浴びると、どんどん明るい気持ちになってきます。

家族や恋人、友人、職場の人。

相手は誰でもいいのです。

お世辞だとしても「ありがとう」と素直に受け取れば、それは自分にとっての褒め言葉。

一つ一つ心の中にためていきます。

そうしているうちに、好きだと思えるところが増えていくはずです。

否定的な言葉を使う人の傍に行かない。なるべく自分も使わない

これは、先ほどと反対の行動ですね。

嬉しい言葉をたくさん浴びたいので、聞きたくない言葉を使う人のところへはいかないようにしています。

否定的な言葉を聞いていると、気持ちがどんどんマイナスの方向に向かってしまいます。

暗い雰囲気の近くには、同じようにどよーんとした暗いものやイヤなことが寄ってくると思うんですよね。

自分自身も否定的な言葉や聞きたくない言葉は、なるべく使わないようにしています。

なるべく、としているのは、愚痴を言ってすっきりすることもあるからです。

ただただ心の中にあるイヤな感情を吐き出したい時だってありますよね。

言わない、のではなくて、言わないように意識していることが大事なのだと思います。

嫌われることを気にしないようにする

「世界中の2割の人はあなたがどんな行動をとってもあなたの事を嫌いになる。6割の人は行動によって好き嫌いが分かれる。 でも残りの2割の人はあなたがどんなヘマをしてもあなたの事を好きでいてくれる。」

どこで聞いたのかは忘れましたが、こんな話を聞いたことがあります。

嫌われるって、気持ちのいいことではないですよね。

傷つくし、自分はダメなんだって思ってしまうし、何度もその言葉が頭に浮かんだりします。

だけど、何をしても自分を嫌いだと思う人がいるのなら、その人に好かれようと努力するのって時間がもったいないです。

それよりも自分を好きでいてくれる人が喜んでくれることを考えたい。

私は、自分がイヤだなと思う人とは距離をとっていくタイプなので、日常の中で嫌いな人はほとんどいません。

「嫌われてるんだろうな」と思うことはつらいですが、そういう人と出会っても相性の悪い2割のうちの1人なんだなと気にしないようにしています。

ヘマした自分も認めてあげる

私は元々完璧主義者です。

細かいところまできちんとしていたいし、優秀であるように見られたいなと思っています。

ただ、現実はそう上手くはいかなくて、自分の目指すところまでは全然到達できません。

何か新しいことを始めると、だいたい一度は恥ずかしい失敗をしてしまいます。

自分に甘く時間を上手く使えないことも多いです。

そんなとき、自分で自分にがっかりしてしまうのです。

けれど、どんなときでも、自分だけは自分を好きでいてあげようと思っています。

ヘマしても、たくさん怒られても、そんな自分を認めてあげたい。

できない自分を認めるのは難しいけれど、それができるとすっと心が軽くなります。

自分の考えを書き出す、発信する

自分の考えを発信していると、自分と似たような考えをもつ人が集まってきます。
私の気持ちに共感してくれたり、褒めてくれたり、応援してくれたり、なぐさめてくれたり。

反応があると、とても満たされた気持ちになります。

Twitterやブログは、私にとってとても大切な場所になりました。

仕事とか年齢とか関係なく、ただ自分が思うことを発信できる。

そして、それを受け止めてくれる人がいる。

ありのままの自分でいいんだなって思えます。

直接会ったことはなくても、心強い味方です。

そして、皆さんのおかげで私は私を好きでいられるのです。

まとめ

というわけで、私が私を好きでいるために心掛けていることは

  • 自分を褒めてくれる人の傍にいる
  • 否定的な言葉を使う人の傍に行かない。なるべく自分も使わない
  • 嫌われることを気にしないようにする
  • ヘマした自分も認めてあげる
  • 自分の考えを書き出す、発信する

でした。

何か参考になるところがあれば嬉しいです。

自分の素敵なところ、いくつ知っていますか?

読んでくれたあなたが、自分を好きになれますように。

読んでくださってありがとうございました。

nono