私の夢の叶え方

あやにーさん×今井紀明さんのトークイベントに参加してきました

こんにちは、nono(@nn00km)です。

8月3日に大阪で行われたあるトークイベントに参加してきました。

内容ももちろん気になっていたのだけれど、お会いしてみたかったお二人に会えるということでとても楽しみにしていました。

今日は、イベントに参加した感想をお話させて頂きたいと思います。

参加したトークイベントとは

インフルエンサーとしても活躍されている株式会社Queendom代表のあやにーさん(@ayanie_jp )と認定NPO法人D×P代表の今井紀明さん(@NoriakiImai )のトークイベントに参加してきました。

テーマは、『これからの「つながり」をつくるソーシャルメディアの使い方』

ハッシュタグ#これからのSNSの使い方を追いかけてみると雰囲気が少し掴めるかもしれません。

すでに、トークイベントをばっちりまとめてくださっていた方を発見したので、記事をシェアしておきますね。

印象に残ったお話

モーメントにまとめられてたので、こちらもあわせてどうぞ!

「無職です」という挨拶に「いいですね!」と即答できる人

質疑応答の時間に、「今、無職なんです」という自己紹介で質問をされた方がいたんです。

それに対して、今井さんの第一声が「いいですね」って肯定する言葉だったんですよね。

とてもかっこいいなと思いました。

周りにこんな風に言ってくれる人、いますか?

家族でも友達でもなく初めて会った人に対して、そんな風に言える感覚が素敵だなって。

「無職」であることに対して、後ろめたさを感じている人って結構いるのではないでしょうか。

一時的に「今、働いていない状態」の人でさえ、周りに悪いことをしているような気持ちになってしまっています。

そして、そういう気持ちを感じさせているのは周りの環境なんだろうなと。

「大丈夫だよ」って、寄り添ってくれる人がいるだけで、自分の現状をマイナスだととらえずに前を向いて歩いていけそうな気がしました。

今井さん、本当に気持ちのいい話し方をされる方でした。また会いに行きたいです。

続けることは誰しもがもっている才能の種

あやにーさんが最後におっしゃっていた言葉が、とても印象に残っています。

誰にでもできることだけれど、同じことを続けることって難しいんですよね。

「続けるだけで周りが勝手にリタイアしてくれるから、自然と少数派になれる」

そんな言葉もどこかで聞いたことがあります。

SNSのフォロワーを増やすにしても、想いを届けるためにはこつこつ続けていくしかない。

少しずつ少しずつ積み重ねていく。

それを実行していて結果にも繋がっているあやにーさんの言葉は、とても心に響きました。

「SNSは無理にやるものではない」という話もあって、本当にその通りだなと思いました。

フォロワーを増やす方法はネット上にもたくさんあるけれど、フォロワーを増やすためだけの発信って全然楽しくないんですよね。

SNSでの発信の先に何があるのか。自分は最終的にどうなりたいのか。

それを忘れないようにしながら、自分が楽しいと思えるペースで続けていきたいなと思っています。

新しくできた私の夢

今回のイベントに参加したことで、新たに夢が2つできました。

1つは「D×Pのコンポーザーとして、高校生と関わるボランティアをすること」

そしてもう1つは、「あやにーさんをゲストにお迎えしたトークイベントを自分で企画すること」です。

大きな夢ができるたびに、このブログに備忘録のように書き続けている私ですが、今回も書き残しておこうと思います。

D×Pのコンポーザーとして、高校生と関わるボランティアをする

D×Pさんの活動を知ってから、ずっと興味のあったコンポーザー。

せっかく関西で暮らしているのでやってみたいと思っていました。

ただ、定時制や通信制の学生たちを対象とした活動をメインにしているため、ボランティア活動も夜に行われているんですよね。

今は、私自身も夜間の学校が一番大切なので、参加するタイミングが今ではないんだろうなと思っています。

卒業したら、ぜひ参加させて頂きたいです。

それまでは、寄付サポーターとして少しだけ力にならせて頂くことにしました。

あやにーさんをゲストにお迎えしたトークイベントを自分で企画する

現在、福祉に向き合う方たちを応援するコミュニティを運営していますが、その中であやにーさんをゲストにトークイベントを企画したいな、と思っています。

イベントに参加した翌日の朝(つまり、今日!)にひらめきました。

あやにーさんがお話しされていた「柔らかくてしなやかな繋がり」を広げていって、福祉の分野で頑張る方たちにあやにーさんの言葉を聞いてもらえたらいいなあ、なんて思っています。

柔らかく包み込んでくれる優しさは、すごく元気をくれる気がするな。

まずは、自分自身がもっともっと成長していって、企画のご相談をさせて頂けるように頑張っていこうと思います。

イベント終了後に、お話させて頂いて快く写真まで撮ってくださいました。

「nonoさんですか?」って言ってくださって、コミュニティの様子も気にかけてくださって、なんかもう感動でしたよね……

写真、宝物です……うれしい……

というわけで、たくさん元気をもらえた会となりました。

参加してよかったです。

今回のイベントはD×Pさんとオンラインサロン「NPO未来ラボ」の共同イベントだったんだとか。

準備して下さったみなさん、おつかれさまでした。ありがとうございました。