思うこと

5月のセカフザ定例会。コミュニティのテーマが決まりました。

こんにちは、nono(@nn00km)です。

5月のセカフザ定例会がありました。

今日は、定例会で話した内容について書いてみたいと思います。

セカフザ定例会については、「セカフザ定例会、はじめました」を読んでみてください。

今月の目標達成度 100%

私は、先月の定例会で3つの目標を立てていました。

それが以下3つです。

①作りたいオンラインコミュニティについてイメージを膨らませ、具体的にすること

②実際にオンラインコミュニティを運営している先輩に話を聞くこと

③一緒にやりたいと言ってくれる一人を見つけること

1つずつ振り返っていきます!

①作りたいオンラインコミュニティについてイメージを膨らませ、具体的にすること

前回の定例会の時は、直前に思い浮かんだだけ。

もし本当にコミュニティを作るのであれば、自分自身がどんなコミュニティの中にいたらわくわくするのかを考える必要がありました。

何のためにするの?

どんなことをしたいの?

コミュニティを作ってどうなりたいの?

1つ1つ自分と向き合いながらイメージを膨らませていきました。

やりたいことはたくさんあるんですが、私の目指すコミュニティのテーマだけ発表します。

それは、「支援者も幸せになれる環境を作る」です。

利用者を中心としたケアが一般的となりつつある今日では、「ご利用者のために…」と自分を犠牲にして働く職員もいます。

そして、職員の残業時間が増える環境のまま運営されている施設もあります。

苦しい環境は、職員だけでなくご利用者も苦しめかねません。

誰かのために一生懸命になれることはとても素敵だと思うけれど、支援者だって自分の幸せを大事にしていいと思うのです。

頑張っている支援者の皆さんが、今よりもっと幸せになるための場所として、コミュニティを活用してもらえたらなと思っています。

②実際にオンラインコミュニティを運営している先輩に話を聞くこと

とはいえ、コミュニティの作り方なんてさっぱりわかりませんでした。

オンラインコミュニティへの参加経験はありますが、自分で運営したことはありません。

何から始めていいのかヒントをもらうために、参加していた朝活コミュニティの主宰者であるみのりさんの「みのりッション」を申し込みました。

みのりさん自身のコミュニティ作りまでの経緯、これから私がやるべきこと、そしてこうなったら更にわくわくするという未来。

とっても価値のある時間でした……!

いくつかピックアップしてご紹介しますね。

  • 福祉業界のキーパーソンを調べて研究する、会いに行く、声をかける
  • 自分自身が実現したい世界についてどんどん発信する(その想いに共感してくれる人を増やす)
  • 自分自身の世界観を体現してくれる仲間を見つけてタッグを組む

などなど、その他にもたくさんのアドバイスをもらいました。

お話を聞いてからは、それを意識して行動する毎日でした。

③一緒にやりたいと言ってくれる一人を見つけること

これが今回の中では一番不安な目標でした。

私はやりたいと思っているけれど、周りの反応は全然わかりません。

そんな話をリアルでしたことはなかったし、SNS上でも同業種でそこまで踏み込んだ話ができる相手はいませんでした。

コミュニティは人がいてこそです。私1人では意味がありません。

ですが、この定例会をする少し前に「コミュニティ興味あります!」と声を掛けて下さった方が何名か現れたのです。

何度も繰り返し見てしまうくらい嬉しかったのを覚えています。

声はあげてみるものですね。

というわけで、先月の目標は無事に全て達成です。自分でもびっくりしています。

来月の定例会までに私がやりたいこと

興味をもってくれる人も見つかったので、私の気持ちもちょうどいい感じで高まっています。

今月は2つの目標を立てました。

①オンラインコミュニティを期間限定で運営してみる

②コミュニティの中に個性以外の+αとして私が提供できるものは何かを考える

この熱が冷めないうちに、まずは試しにコミュニティを運営してみることにしました。

6月頭に募集をかけて、中旬からスタートさせる予定です。

詳しくは、また告知記事でお知らせするので、気になる方はチェックしてみてください。

終わりに

目標は違っても、夢に向かって進む仲間たちと話をすると自然に前向きになれる。

まだ2回目なのに、もう何度も行っているかのような居心地の良さです。

応援しあえる関係はとっても気持ちいい。

目標をもつ仲間と夢を語り合うセカフザ定例会、おすすめです。

【参加メンバー】

ゆきのさんmy info~心と時間の整頓ツール~

菜子さん本と紅茶を一杯

CoCoさん面白優しい暮らし方

nono