まとめ日記

【4月2~8日】第14週の日記

f:id:wn0215tm:20180405084138p:plain

20180402

入学式でした。

私は震災の年に大学進学だったので、入学式がありませんでした。

この年齢で入学式ができるのも、なんだか新鮮な気持ち。

式典だけではなく、昼間の学生向けに先輩が学校生活をスライド使って説明してくれたりなんかして、手間かけてくれてるなあと。

どれくらい準備に時間をかけてくれたんだろう。

歓迎されてるんだな、と嬉しくなりました。

20180403

友だちの作り方、とは‥と考えていました。

夜間部は夜の数時間だけ顔を合わせるので、話しかけるタイミングがないんですよね。

来てすぐに授業ですし、終わったら早く帰りたい‥

勉強しに来ているから一人でも平気なのだけれど、せっかく通学の学科なのだから、交流せねば!

大人になったら交流するきっかけなんて与えてもらえないですよね。

子どものころは気づかなかったけれど、色々与えてもらってたんだな。

20180404

「話しかけてもいいですか」と話しかけました!

話しかけるのが下手すぎますね‥

社会人枠で入学してよかったなと思うのは、色んな経験をもった人が集まってるということ。

大学卒業後に、そのまま‥という方もいるし、違う業界で働いていたけど勉強しに来た方、私みたいに福祉業界で働いていた方などさまざま。

異文化交流みたいで楽しいですね。

20180405

勉強って楽しいんだなあ、と感じています。

元々勉強するのは好きな方だったけれど、自分が学びたいことを教えてもらえるのってわくわくします。

そういうもっと聞きたい、って欲は昔はなかったなあ。

いい点とらなきゃって思いが強くて頑張っていたけれど、むしろその動機だけでよく頑張れたなと今となっては思います。

勉強は「無理やりにでも(=強いる)努力してやること」なのだと教えられたことがありました。

でも、これってその先にほしいものがあって、目指したいものがあって、だから努力できるんですよね。

合格、とか、資格とか、もちろん大事なんだけれど、そのあとどうしたいかって気持ちが一番エネルギーになるんだろうな。

20180406

ひたすらに部屋にこもって、はてなブログからwordpressへ移行作業をしていました。

そんなに記事数は多くないですが、操作になれてないので、肩こりました……

デスクワークしてる人ってすごいです。尊敬です。

20180407

「世界のこんなところに日本人」という番組があって、最貧国といわれるマラウイで暮らす女性が取り上げられていました。

彼女は「この街の人たちは援助されることに慣れている。意識を変えるのは大変」と言います。

福祉の仕事は、「自立支援」と言われています。

できることをやってもらって、できないところを補う。

やらなすぎもだめだけれど、やりすぎてもだめなんですよね。

私がすれば早いけど、そうすると相手は簡単にその能力を失ってしまう。

支援することがその人の力を奪うことになることもあります。

そのさじ加減が難しい。

20180408

桜しべ、という言葉を知っていますか?

桜の花びらが散ったあとに残る赤い部分(雄しべと雌しべの部分)のことです。

桜しべ降る、という言葉は季語にもなっているそうです。

2年くらい前に知った言葉なのですが、初めて聞いた時なんて綺麗な言葉なんだろうと思いました。

▼詳しくはこちらをどうぞ。

桜しべ降る

こういう綺麗な言葉を心に溜めていきたいなと思います。