未分類

もし、大学生に戻れるのならしてみたい3つのこと

こんにちは、nono(@nn00km)です。

大学生の頃を思い返してみると、もっとこんなことができたなあと思うことがあります。

できていなかったからといって、後悔しているわけではありません。

無駄に思えることだってたくさんしました。

だって、その時の私にはその時間が必要だったから。

だけどもし、私がもう一度大学生に戻れるのならしてみたいことを考えてみました。

現役大学生の皆さんの参考になればなと思います。

①両親、先生以外の大人と話をして色んな価値観に触れたい

f:id:wn0215tm:20180322204539j:plain

学生の頃、世界は学校の中だけでした。

少し違う世界があったとしても、アルバイト先くらいで本当に小さく広がった程度。

世界の外でどんなことが行われているのか分からなかったし、卒業して外に出なければ行けなくなったときどうしたらいいのか分かりませんでした。

今はインターネットが普及して、簡単に色んな人と繋がれるようになりました。

私も昨年朝活サロンに入り、ネット上で知り合った方たちからたくさんの刺激を受けています。

自分とは違う生き方を選んでいる人たちのお話はとっても面白い。

学生時代を思い返すと、特に自分より年上の人ともっと交流しておけばよかったなあと思います。

学生の頃、自分の周りにいる大人は親と先生だけでした。

自分より長く生きている人たちが言うことは皆正しいのだと思っていたけれど、価値観は人それぞれです。

同じ質問をしても、これまでの過ごし方が違えば答えは違ってきます。

これが正解っていう道なんてないし、100人いれば100通りの進み方があります。

今なら当たり前のようにそう思えるけれど、当時は正解は1つだと思っていたし、正しい道を歩けているのかどうか不安で仕方ありませんでした。

卒業後の進路だって同じ。

公務員になる人。

企業に勤める人。

フリーランスで働く人。

カバン1つで海外を巡る人。

色んな人がいます。

もし、もう一度大学生に戻れるのなら、先に社会に出た人生の先輩たちとお話をして色んな価値観に触れてみるだろうなって思います。

私は就職した会社を退職して、専門学校に通うことにしました。

私の周りには同じ進み方をしている人はいません。

それでも、この道を選んでよかったなって思っています。

そんな進み方だってあります。

立ち止まって自分の生き方を考えてみたいなって思います。

②飽きるくらい読みたい本を読みまくりたい

出口治明さんの書いた「人生を面白くする 本物の教養 」という本に欧米の若者と日本の若者を比較した調査の話が出てきます。

日米の大学生が在学中にどのくらい本を読んでいるかを調べた調査によると、

日本の大学生が平均約100冊の本を読んでいるのに対して、アメリカの大学生は約400冊という結果が出ていました。
この結果を見て、皆さんはどう思いますか?

私は「4倍も差があるの?」と思いました。

私の4年間の読書数はおそらく100冊もいきません。

日本の平均にも達していないのです。

自分とアメリカの大学生との間にどれほどの差があるのかと考えただけでくらくらしてしまいました。

本を読むということは、著者の考えを知るということ。

それがどれだけ昔の人であっても、どれだけ偉い人であっても、本を読んでいる間はその考えを独り占めすることができます。

本に対してそんな風に考えるようになったのは、この本を読んだ社会人3年目のころです。

子供の頃は図書室によく通っていたのに、だんだん遠のいていった読書。

この本をきっかけにまた本を読むようになりましました。

けれど面白そうな本がたくさんあるのに、時間が足りず読みきれないままどんどん積み重なっていきます。

もし、大学生に戻って自由な時間をたくさん持てるのなら飽きるくらい本を読みたいなと思います。

▼書評記事も書いてます。

知ること、学ぶことは楽しいと思い出させてくれた本。『人生を面白くする本物の教養/出口治明』

【書評】はあちゅう『自分を仕事にする生き方』/わくわくしながら生きていきたい人におすすめです

③海外や国内の素敵なところにたくさん足を運んでみたい

大学生の夏休み、春休みはとっても長いです。

それぞれ2ヶ月近くあります。

人生のなかでこんなに自由に使える時間があるでしょうか。

私は介護職だったので、長期休暇というものがほとんどありません。

有休と合わせても年に2~3回。多くて5連休。

翌日の仕事のことを考えると、休息も必要なので5日まるまるは使えません。

あの時間は、一生であの時だけなんだろうなあと思います。

今ほどお金は自由に使えなかったけれど、使えないなりに海外や国内の素敵なところにたくさん足を運んでみればよかったな。

休みがあったら、行ってみたいところがたくさんあります。

今よりももっと世界が広がっただろうな。

まとめ

もし、私が大学生に戻れるならやってみたいことは

①両親、先生以外の大人と話をして色んな価値観に触れたい

②飽きるくらい読みたい本を読みまくりたい

③海外や国内の素敵なところにたくさん足を運んでみたい

でした。

とはいえ、どれも社会人になってからはやろうと思えばできることばかりです。

「今が1番若い」ので、後ろを振り返って後悔ばかりせず、楽しみながらできることに挑戦していきたいです。

nono